必要な機器

 OpenSSMをお使いになるために、別途ご用意して頂く機器について説明します。
 OpenSSMでは、主に下記の使い方を想定しています。

  1. ビデオ出力による多機能メータ
  2. スーパーインポーズによるビデオ撮影+多機能メータ
  3. WinSSM / ECU Explorer / RomRaiderなどを使ったデータロガー (tactrix OpenPort 1.3 下位互換*1)
  4. ブースト計など外部メータのコントロール*2
  5. 単なるスーパーインポーズシステムとして... (クルマ関係なしで ^^;)
  6. etc...

 ご利用になる環境によって、ご用意して頂く機器が異なりますので順に説明します。

ビデオ出力による多機能メータ

 ビデオ出力による多機能メータとしてご利用になる場合には、OpenSSM対応の自動車と OpenSSM本体の他に、下記の物をご用意ください。

  1. 液晶ディスプレイ (LCD)
  2. コンポジットビデオケーブル (RCAコネクタのもの)
  3. PS/2対応のキーボード
1.png

スーパーインポーズによるビデオ撮影+多機能メータ

 スーパーインポーズによる多機能メータとしてご利用になる場合には、OpenSSM対応の自動車と OpenSSM本体の他に、下記の物をご用意ください。

  1. 液晶ディスプレイ (LCD) または ビデオレコーダ
  2. コンポジットビデオケーブル (RCAコネクタのもの)
  3. ビデオカメラ
  4. PS/2対応のキーボード
2.png

WinSSM / ECU Explorer / RomRaiderなどを使ったデータロガー

 tactrix OpenPort 1.3対応の各種ロギングソフトウェアをご利用になる場合には、OpenSSM対応の自動車と OpenSSM本体の他に、下記の物をご用意ください。

  1. PS/2対応のキーボード
  2. Windows2000以降が動作するPC
  3. ストレート結線の RS232Cケーブル または USB-RS232変換ケーブル
OpenSSMの回路が対応していないため、ECUの書換はできません.
3.png

ブースト計など外部メータのコントロール

 エンジンにセンサを取り付けずに、ECUとの通信データを元に外部メータを制御する場合には、OpenSSM対応の自動車と OpenSSM本体の他に、下記の物をご用意ください。液晶ディスプレイと PS/2対応のキーボードは、初期設定のみに使用します。設定後は、不要です。

  1. 液晶ディスプレイ (LCD)
  2. PS/2対応のキーボード
  3. 外部メータ (AUTOGAUGE AGBOSMSWL270-PK.BARでのみ動作確認)
本機能は、電気/電子に詳しい方向けとなります。自力でなんとか出来る方のみ、ご使用ください。
4.png

単なるスーパーインポーズシステムとして

スーパーインポーズのおもちゃとして使えるようにする、予定 (未定)
5.png

PS/2 キーボードについて

 PS/2 キーボードは、OpenSSM本体の設定のために使用します。
 設定完了後には OpenSSM上の EEPROMへ設定内容を記録できるため、PS/2 キーボードを取り外すことができます。また次回の電源投入時からは、EEPROMの内容が自動的に読み込まれます。したがって、設定以外の場面では PS/2 キーボードは不要になります。

 OpenSSMが対応している PS/2 キーボードについては、こちらをご覧下さい。


*1 ECUの書換機能はありません
*2 ECUと通信して得られた数値を、外部メータの制御信号として出力します。言い換えると、OpenSSMがダミーセンサーとなりメータ用の信号を出力します
添付ファイル: file5.png 1802件 [詳細] file4.png 1884件 [詳細] file3.png 1820件 [詳細] file2.png 1935件 [詳細] file1.png 1875件 [詳細]