G-SSM:SERIAL Version 1.0

概要

 Subaru Select Monitor for Gadget G-SSM:SERIAL Ver 1.0(以下、G-SSMと呼ぶ)は、tactrix OpenPort 1.3 下位互換のUSB通信ケーブル (以下、OpenPortと呼ぶ) です。G-SSMは、OpenPortから ECUの書き換え機能を省き、通信機能のみに特化しました。そのため OpenPortに比べ安価で小型になっています。

ECUの書き換えはできませんが、OpenPortに対応した各種ソフトウェア(WinSSM, ECU Explorerなど)の
ロギング機能を使うことが出来ます。

本製品の概観

G-SSM10.jpg

購入方法

お取引の流れ

  1. お客様が次の内容を記載したメールを g-ssm at nextfoods.jp *1 宛てに送ります
    1. お振込人のお名前
    2. 発送先の住所、郵便番号、電話番号、お名前
    3. 申し込み数量
    4. 車種(型番)
  2. 当方が申し込み内容の確認と支払先を記載したメールをお客様宛てに送ります
  3. お客様が代金を支払います
  4. 当方が支払いを確認します
  5. 当方が発送致します
  6. 発送後、2〜3日(国内通常)でお客様のお手元に届きます
  • 支払いには、銀行振込、PayPal (クレジットカード) がお使い頂けます。
 
  • 販売価格*2は、次の通りです
    • 日本の場合、送料込み 5,000 JPY
    • 海外の場合、送料込み 7,500 JPY
 

発送するもの

  1. G-SSM:SERIAL Ver1.0 Rev.A
  2. マニュアル (印刷物)

対応車種

 2001年以降発売のスバル インプレッサ WRXシリーズ(GDA/GDB/GRBシリーズなど)に対応しています。それ以外の車種(レガシィ及びフォレスターなど)については、動作確認 中です。

 詳しい対応車種については、こちらをご覧ください

デバイスドライバ

 FTDI社の FT232RLのチップを使用しています。次のサイトから、Windows用のデバイスドライバをダウンロードの上、インストールを行ってください。なお、デバイスドライバのインストールには、管理者権限が必要になります。

仕様

  • 通信機能1 OBD-II (ISO-9141-2)
  • 通信機能2 USB 1.1/2.0
  • 定格消費電力 200mW
ECUの書き換えはできません

免責事項

 次の事項によるいかなる被害及び損害が発生致しましても、当方は一切の責任を負いません。

  1. 本製品の無断改造、保守および修理に基づく故障・損傷
  2. 本製品以外の他社製品が原因で受けた故障・損傷
  3. 誤った取り付け方法の結果に基づく故障・損傷
  4. 本製品を対応車種以外で使用した結果に基づく故障・損傷
  5. 火災、自身、水害、落雷など天災による故障・損傷
  6. 水やその他の液体が本製品にかかったことによる故障・損傷
  7. 本製品による事故、その他、一切の責任。

 また、長期・短期を問わず、使用後は取り外して保管することとし、一般公道では使用しないこと。


*1 at は @ に置き換えてください...
*2 海外発送の場合は、送料が高いことと梱包材等の諸費用が発生するため、国内販売よりも割高となっています
添付ファイル: fileG-SSM10.jpg 2157件 [詳細]